沿革えんかく

創立

 社会館は、終戦の翌年、旧日本海軍の施設を当時の海軍基地、デッカー司令官の好意によって米国海軍より譲り受け、 日本基督教団社会部の責任に於いてコミュニティ・センターとして開設された。

沿革

1946年(昭和21年)
杉浦牧師着任。杉浦夫人により日曜学校開始。後に田浦教会に発展。
エベレット・トムソン、社会館の計画立案のために一ヶ月当地に滞在。
1947年(昭和22年)
児童クラブ、授産部(未亡人対象)、図書館開設。
1948年(昭和23年)
善隣園、個人相談部(後家庭相談所)開設。
1949年(昭和24年)
善隣園、児童福祉法により保育所の認可を受ける。
1952年(昭和27年)
社会福祉法人設立。金井為一郎 理事長に就任。
老人クラブが組織され、社会館に事務局を置く。
1954年(昭和29年)
金井為一郎 理事長を辞任。松尾造酒蔵 理事長に就任。
1955年(昭和30年)
憩母子寮を開設。(昭和44年廃止)
1957年(昭和32年)
エベレット・トムソン 館長を辞任。阿部志郎 館長に就任。
1958年(昭和33年)
愛育園(肢体不自由児保育部)開設。(昭和41年閉鎖)
1963年(昭和38年)
学童保育開始。
1965年(昭和40年)
隣保事業施設として社会福祉事業法による届出が受理される。
1967年(昭和42年)
前本館新築工事着工、翌年完成。
1971年(昭和46年)
前本館増築工事着工、同年完成。
1972年(昭和47年)
老人給食(ランチサービス)開始。
1974年(昭和49年)
「田浦町たすけあいの会」が組織され、事務局を社会館に置く。
1985年(昭和60年)
松尾造酒蔵理事長昇天。富田冨士雄、理事長に就任。
1989年(平成 1年)
デイケアセンター喜望の園(虚弱老人対象)開設。
1991年(平成 3年)
喜望の園に在宅介護支援センター開設。
1994年(平成 6年)
本館新築工事着工(第1期モデル整備事業、複合福祉施設・福祉型借上公共賃貸住宅)。
1995年(平成 7年)
本館完成。12月25日竣工式。
1996年(平成 8年)
田浦高齢者ケアセンター(認知症高齢者対象)、田浦身体障害者ケアセンター、田浦障害者地域活動センター、田浦地域福祉センター、田浦リハビリテーションセンター開設。
1999年(平成11年)
富田冨士雄理事長昇天。濱野一郎、理事長に就任。
2000年(平成12年)
介護保険サービスセンター(居宅介護支援事業)、善隣園保育センター分園(こばと園)開設。
2001年(平成13年)
評議員会、「苦情解決」体制・第三者委員設置。
2002年(平成14年)
田浦身体障害者相談サポートセンター(身体障害者相談支援事業)開設。
2004年(平成16年)
田浦リハビリテーションセンター休診(平成17年3月31日廃止)
2006年(平成18年)
社会館給食センター業務委託となる。(平成18年5月1日)
田浦在宅介護支援センター廃止。(同年9月30日)
田浦・逸見地域包括支援センター開設。(同年10月1日)
2007年(平成19年)
阿部志郎 館長を辞任。岸川洋治 館長に就任。
2008年(平成20年)
田浦ホームヘルプステーション廃止。(同年3月31日) 田浦障害者地域リハビリセンター・田浦障害者デイサービスセンター・田浦障害者活動センターを障害者自立支援法・多機能型事業として開設。
2012年(平成24年)
田浦地域活動支援センター開設。
2013年(平成25年)
放課後等デイサービスセンター・きりんグループ開設。

このページのトップへ戻る